選ぶ基準がわからない方に

顔に触れる女性

ほくろの治療は皮膚科でも美容整形外科でも受けられます。しかし保険が適用されるのは皮膚がんなど一定の条件が必要なので、条件を満たしていないなら、共に自費治療になります。それぞれ患部のみ治療か周囲の皮膚も綺麗にといった治療範囲に違いがあります。

詳しく見る

レーザー治療の基礎知識

顔に触れる女性

美容整形外科クリニックではレーザー治療が人気です。レーザーをあてるだけで、頑固なほくろやいぼが綺麗になくなります。日帰りでできる簡単な治療ですが、再発を防ぐために治療後は丁寧にケアをすることが大切です。

詳しく見る

保険治療を希望するなら

看護師

いぼやほくろ治療は美容整形外科でも保険が使える場合もありますが、適用条件は個々で違うため、保険治療をお望みなら予めクリニックに問い合わせるのが肝心です。そしてほくろの治療先は、経験が豊富でアフターケアも充実しているクリニックを選びましょう。

詳しく見る

肌への負担を避けられます

水着姿の女性

ほくろは紫外線といった刺激によって発生し、大きな物はいぼの様になってしまいます。いぼ状のほくろは個人で治療することは難しいため、美容整形外科で除去するのが一般的となっています。レーザーを用いた治療が行われ、綺麗に仕上げることができます。

詳しく見る

治療を受けよう

女医

ほくろやいぼは、それぞれ異なるものなので見分ける事が出来ます。また、ほくろといぼにはいくつかの種類があり、できる原因や形状が違います。ウイルス性のいぼに関しては悪化する場合もありますので、注意が必要です。

詳しく見る

高い効果が魅力です

ボディ

刺激は避けましょう

ほくろとは、顔をはじめとした様々な場所に発生する黒い斑点のことを言います。紫外線といった刺激から肌を守るために分泌されたメラニンが沈着することでほくろとなるため、発生や進行を抑えるためには肌への刺激を避けることが重要と言われています。専用のクリームといった化粧品を使用することでほくろを治療することができますが、いぼの様なほくろはすぐに治療することは難しいと言われています。そのため、いぼ状のほくろも短期間で除去することができる美容整形外科が特に人気となっています。美容整形外科では医療レーザーを用いて色素が沈着してしまった組織をピンポイントで除去したり、低刺激性で肌の奥まで浸透する専用の美容液などを使用した治療が行われたりしています。個人で治療するよりも効果が高いことに加えて、治療跡が残りにくい点も美容整形外科で治療する大きなメリットとなっています。また、多くの美容整形外科ではアフターケアサービスが充実しており、美白ケアや再発防止のアドバイスや指導を受けられるようになっています。肌荒れといったトラブルがあった際にも、柔軟に対応してくれる点が美容整形外科の魅力であると言えるでしょう。美容整形外科でほくろの治療をする際に注意することとして、患部を傷付けたり刺激を与えたりしないようにすることが挙げられます。医療レーザーなどを使用した後は刺激に対して敏感となっているため、強い直射日光などに当ててしまうと再びほくろが発生してしまう恐れがあります。多くの場合、テープといった患部を保護する道具が治療後に貰えるため、医師の指示に従って数日間は患部を保護するように気を付けましょう。また、治療後すぐにほくろが再発してしまったり、いぼの様に膨らんで痛みを伴ったりするといった通常とは異なるほくろに注意する必要があります。激しい痛みといった異常がある場合、ウイルスによる炎症反応や別の皮膚疾患が起こっていると考えられます。早めに治療を行えばすぐに治すことができるため、様子がおかしいと感じたらすぐに病院を受診することが望ましいと言えるでしょう。早めに異常に気付くようにするためにも患部の状態をこまめにチェックしておき、ウイルスなどが侵入しないように清潔にすることも重要となっています。

Copyright© 2018 ほくろは美容整形外科で適切に除去|治療跡が残りにくい All Rights Reserved.