肌への負担を避けられます

水着姿の女性

レーザー治療が特徴です

ほくろとは皮膚の表面にできる黒い斑点のことを言い、大きな物ではいぼの様に膨れ上がってしまうことがあります。ほくろができる原因は紫外線などによって皮膚が刺激され、肌を守るために分泌されたメラニンと呼ばれる色素成分が沈着することで発生すると言われています。そのため、ほくろの発生や進行を防ぐためには肌への刺激を避けるようにし、適切な肌ケアを行うことが重要と言われています。ほくろの除去方法は個人で行う方法と、美容整形外科を利用する方法があります。個人で除去する場合、専用のクリームなどを使用することで治療することができます。初期段階の小さな物を除去するのに効果的で、美容整形外科で治療をした後のアフターケアにも良いと言われています。大きないぼの様になってしまったものは個人で治療することは難しいため、美容整形外科を利用する必要があります。短時間で確実に治療することができるだけでなく、肌に負担を掛けることなく除去できるというメリットがあります。そのため、治療が難しいほくろを除去したり、短時間で仕上がりを綺麗にしたりしたいという場合に美容整形外科を利用するのが良いでしょう。美容整形外科で行われるほくろ治療では、医療レーザーを用いて除去することが多くなっています。医療レーザーは患部をピンポイントで治療することができるので、周辺の正常な肌への負担を避けることができます。治療跡が残ることも少ないため、最も綺麗に仕上げることができると言われています。医療レーザーでほくろを除去した後は、薬やテープなどを使用いて患部を保護する処置が行われます。治療したほくろの大きさなどによって期間は異なりますが、通常は一週間程度テープなどで保護するようになっています。治療後の患部は刺激に対して弱くなっているため、テーピングなどを忘れないように注意する必要があります。テーピング期間が終了したら、専用の美白クリームなどを使用して肌を元通りにする治療が開始されます。治療部位が周辺の肌と同じ色になるくらいまで行うのが良いため、継続的な使用をするのが良いでしょう。アフターケアをしっかりしないと、再びほくろが発生してしまう恐れがあります。そのため、美容整形外科で治療を行った後は医師の指導に従い、適切なケアをすることが重要であると言えるでしょう。

Copyright© 2018 ほくろは美容整形外科で適切に除去|治療跡が残りにくい All Rights Reserved.