レーザー治療の基礎知識

顔に触れる女性

経過や治療の仕方

美容整形外科でほくろ・いぼをなくして肌をきれいにしたい場合、レーザー治療がおススメです。レーザーをシミにあてるだけで頑固なほくろやいぼがなかったことになります。レーザー治療は効果が高い治療ですが、治療後のスキンケアも大事です。肌にレーザーをあてた直後は患部がやけどをしてジュクジュクしているので、絆創膏を貼って保護する必要があります。絆創膏は3日くらい貼ったままにしておき、メイクをする場合はその上から塗ります。3日経過したら絆創膏をはがし、1日1回、クリニックで処方された軟膏を塗布するようにします。外出するときには、絶対に日焼け止めを塗ることが大切です。そうしないとレーザーを照射した部分に紫外線が集まり、ほくろがまた再発したり拡大したりします。かさぶたになったら無理矢理剥がさず、自然に落ちるまでゆっくり待つことも大事です。剥がれ落ちたあとはピンク色になりますが、数ヶ月で自然な色に落ちつきます。基本的に細胞の再生は加齢と共にゆっくりになるので、年を重ねるほど回復するまでの時間が長くなります。美容整形外科クリニックを利用するなら、最初にカウンセリングの予約をすることが大切です。クリニックに直接電話して予約をすることもできますが、WEB経由でカウンセリング予約ができる場合もあります。WEB経由なら24時間好きな時間にインターネットから予約の申し込みができるので、とても便利です。ほくろやいぼのレーザー治療は、カウンセリングをしたあとすぐにでもできます。当日レーザー治療をすることを考えているなら、レーザー治療にかかる費用を持参して行く必要があります。それ以外に初診料やカウンセリング料なども必要になるので、余裕を持って用意して行くのがお勧めです。また、レーザー治療をする前には患部のメイクを落とすことになるので、薄めのメイクで行けばクレンジングをする手間が省けます。カウンセリングで取りたいほくろやいぼを診てもらい、レーザー治療の説明や注意点などの説明を受けたら、治療の同意書にサインをします。同意書はよく読んでからサインをすることが大切です。

Copyright© 2018 ほくろは美容整形外科で適切に除去|治療跡が残りにくい All Rights Reserved.